学校長挨拶Greeting

学校長挨拶

兵庫県立播磨農業高等学校のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。 私は令和2年4月1日付で、本校第15代校長として着任いたしました栗林と申します。この度の着任にあたり一言ご挨拶申し上げます。 本校は、昭和40年「自営養成農業高等学校」として、県立北条高等学校農業科を文部省から指定を受け、スタートしました。昭和41年兵庫県立播磨農業高等学校設置条例を施行され、平成11年文部省通知により、「自営者養成農業高等学校」を「農業経営者育成高等学校」に改めました。文部科学省指定「農業経営者育成高等学校」としての使命のもと、創立50有余年を誇る拠点農業高等学校としての役割を果たすべく、農業教育・普通科教育・寄宿舎教育を教育活動の3つの柱として展開しています。校訓「質実剛健・敬愛協和・自主創造」のもと、「小さくて大きな学校 ~大地に生きる播農生~」をスローガンとして体験を重視した実践的な農業教育を行っています。 広大な敷地に映える木々の緑と四季折々の草花、季節毎の新鮮な野菜や果物、多くの動物たちがいる素晴らしい教育環境があります。生徒一人ひとりが命あるものを育て、汗と土にまみれる体験を重視した教育活動を通して、21世紀の農業の担い手育成と自らが主体的に判断し、行動できるこころ豊かで自立する人材育成を目指していきます。 皆さま方におかれましては、引き続き本校へのご理解とご支援を賜りますようお願いいたしまして、甚だ簡単ではございますが、着任の挨拶とさせていただきます。

校 長 栗林 孝一